割れてしまったところからのトイレの水漏れ

トイレの水漏れの中には、修理ができないようなことも出てきます。自分でできると思っていても、交換しなければいけないような場合があります。簡単にできそうでも、実は難しいこともあります。何よりトイレは陶器でできているということを忘れてはいけません。そのためあとからくっつけたりするのは、大変難しいのです。

■陶器でできている

トイレは陶器でできていることがほとんどです。そのため、割れてしまうとくっつけることができません。普段生活の中で使っている食器と変わらないものだからです。ほんのわずかなひびであっても、どんどんそこから水漏れしてくることになります。
最初は小さな水漏れでも、侵食してきてだんだんと大きな問題を抱えることになるでしょう。そうなると交換する以外の方法がなくなってしまいます。


■便器の寿命は使えなくなるまで

便器などの陶器の寿命は、はっきりと何年ということがあるわけではありません。汚れが落ちにくくなってくるといったことが寿命とされていますが、だいたい10年もすると、かなりの違いが出てくるでしょう。割れたりひびが入ったりするときには、外部から大きな力がかかっていることがほとんどです。硬いものを落としたり、地震でずれたりするような力が働くと割れてしまうことがあります。
こうした状況を引き起こした時には、できるだけ早期の交換が必要です。自分で交換することができないことがほとんどですので、専門業者に相談して適切なものを選ぶといいでしょう。



■まとめ
トイレが割れてしまったり、破損してしまっていることが原因で水漏れしているときには、交換しか方法はないといえます。そうならないように、普段から携帯電話などを落としたりしないように気をつけておくことが必要です。他にも、棚などが落ちてきたりすることもあります。硬いものがぶつかれば割れてしまうことは十分に理解しておかなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ