パーツの劣化によるトイレの水漏れ

修理をするのであれば、原因を追究していかなければいけません。劣化で水漏れが起こるとしても、トイレの中で一体どこが劣化するのかを知らなければ、対応はできないでしょう。特にタンクの中で劣化した時には、仕組みを知っていなければ交換する場所さえ検討がつかないはずです。

■劣化する部品はタンクの中が多い

トイレのタンクの中でも、劣化する可能性があるのは、フロート弁とボールタップでしょう。水を蓄えておくための装置であり、オーバーフロー管が取り付けられているため、内部であふれてしまうようなことはありません。一定量になると、この管から便器に流れていくためです。
もしもフロート弁が劣化してしまうと、タンクの中には水がたまらなくなります。タンクの下部で排出をコントロールするからです。ちょろちょろと水漏れしているようなときには、フロート弁の劣化が考えられます。


■サイズがわかれば交換もできる

フロート弁は、サイズを確認すれば交換することはそこまで難しくありません。ホームセンターなどで購入ができるため、一旦外してサイズを確認して同じものを選びます。
ボールタップも同様ですが、給水管と連結して水量をコントロールしています。劣化して正しく浮き上がっていかなければ、給水管を閉めることができなくなり、オーバーフロー管から漏れだしていくことになるため、これも修理や交換が必要になります。



■まとめ
部品がわかったとしても、修理ができるとは限りません。トイレの部品の交換は、バランスも考えて、性能が発揮できるように正しく取り付けて調節しなければいけません。工具も必要になってくることからも、水漏れの専門業者に依頼して交換してもらう方が安全でしょう。特にボールタップのように位置を調節するようなものは、経験が重要となってくることを理解しておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ