原因の追究から始まるトイレの水漏れ

トイレの修理が難しいとしても、水漏れが起きればそのままにはできません。応急処置も考えておかなければ、トラブルは拡大していく一方です。何が原因かによっても違いが出てきますが、床への影響は最小限に抑えなければいけません。

■原因の特定から

トイレの水漏れは、必ず最初に原因を特定します。焦ってしまっても、水は止まりません。原因をはっきりさせることによって、次に何をしたらいいのかがはっきりします。トイレの構造を考えれば、排水管とトイレしかありません。タンクと便器、給水管の3つの箇所に分けてみると、原因がわかりやすくなります。わずかしか漏れていないようなときでも、この3つを追っていけば水漏れの原因が判明しやすくなるでしょう。
実際にタンクはさまざまな問題点が出てきます。外部は問題がはっきりとしていることが多いのが特徴です。破損自体は稀なことで、パッキンなどから漏れていることがほとんどですが、あまりに水漏れの量が多いときには、まず止水栓を閉めた方がいいでしょう。

■原因を考えできるかどうかの判断を

追っていくとだいたい何が原因かわかるようになります。その原因の場所によって、自分で修理できるか、専門業者に依頼するべきかを判断することになります。単純に交換できるというのであれば、自分で直してみるのもいいでしょう。原因が特定できても、交換できないというのであれば、専門業者に依頼する方が確実です。
自信がない場合には、すなおに依頼してしまう方が問題が大きくなりません。強引に手を出してしまったことによって、被害を広げることもあります。そうなると修理費もどんどん大きなものになってしまうので、無理はしないことが大切でしょう。



■まとめ
修理は無理をしないことが重要です。水回りは専門知識が必要なことが多いため、わからないこともたくさんある設備です。何より早期に修理することが求められるので、無理をしないことがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ