トイレの水漏れの原因と対応

トイレの水漏れの原因と対応 生活するうえで必要な設備はいろいろとあります。その中で、トイレは毎日使う設備です。必ず必要になってくるため、壊れて使えなくなってしまうと大きな問題になるでしょう。水漏れも同様で、日常使っていくために問題が出てくることもあります。トイレは大量の水を抱えている設備であり、常に水を貯めこんでいくように設計されているため、一度水漏れが発生すれば、止まることがありません。どんどん被害を拡大していくことになるので、修理が必要になってきます。

■原因のほとんどは破損と劣化

トイレの水漏れが発生する原因はいくつもあります。その中でも大きく分ければ、破損と劣化ということに分けられるでしょう。タンクや給水管は、水量に大きな影響を与えていくことになります。この部分で破損が起きれば、どうしても水漏れが発生します。そして給水している以上、自然に水漏れが止まることもありません。止水栓を閉めることによって対応することができますが、そのまま放置しておくと被害は拡大していくだけです。
水漏れの原因となるパーツの劣化は、タンクの中や洗浄便座で起こります。タンクの中は、水を通常は流れないようにして、必要な時に流すような仕組みになっています。ところが、パーツが劣化すればこの機能を保つことができなくなります。その結果漏れてくることになりますが、一気には出ません。じわじわと便器の中に流れてくるようになるため、気が付くと驚くような水道代がかかっており、これで発見するといったことも珍しくありません。

■水漏れが起きたとしたら
トイレで水漏れが起きると、いったいどんなことになるのかを考えておく必要があるでしょう。便器の中に流れている分には、そのまま無駄にしてしまい、水道代がかかり続けるといったことに限定されます。24時間流れているため、わずかなものであると思っても、驚くような金額になることもあります。
外に流れ出てしまったような状況を考えると、床は水浸しになってしまうでしょう。これだけではすみません。水は流れる場所を求める性質があります。流れ出る場所がなければ溜まっていくだけですが、床はどんどん侵食されていくことになるのです。驚くほどの被害が発生するのは、容易に想像がつくことでしょう。放っておけば止まることはありませんので、被害は広がる一方です。

■修理できるかどうかを判断する

トイレは自分で修理できるのかどうかも考えておくべきです。タンク内であれば、工具と部品さえあれば、何とかなるケースもあります。構造は調べれば出てきますし、考えるとわかることもあるのは確かです。タンクの内部のため、修理中に大きな問題になることも少ないため、チャレンジすることもできるといえます。
外部に関しては、かなり難しいと思っていいでしょう。水圧がかかっている場合には、噴き出してくるような状況になることもあります。これを止めるのは、破損部分を交換するしかありません。これが適切におこなえるかどうかがポイントになりますが、素人では無理でしょう。道具もそろえる必要がありますし、部品が何かも判別しなければいけません。経験がないと対処法が分からないので、専門業者に依頼するのが確実です。

■まとめ
トイレが機能しないというだけでも大きな問題になってきます。修理は必須であることは確かですが、焦らずに対処することが必要です。まずは止水栓を閉めて、そのあとにどういった対応をするべきかを考えていくといいでしょう。実際に大きな問題になってしまうことも少なくありません。被害も大きくなると、保険を掛けてあったかどうかという問題にまで発展する可能性もあります。そのためにも、日頃から知識を身につけていく必要があるので、参考にしながら対処方法を考えてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース